読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

『JINZ』ジンズでメガネを作ってみた。フレーム・価格・レンズ・待ち時間・ケース・送料・保証・アフターサービスをレポートします。

購入レポート

JINZ(ジンズ)でメガネを作ってみたので、フレーム・価格・レンズ・待ち時間・ケース・送料・保証・アフターサービスについてレポートします。

 

フレーム・価格・レンズ

f:id:tetsutylor:20160919141048p:plain

 

フレームの種類は一般的なメガネチェーンと同じく沢山あります。

私は今回、こちらの「スポーツタイプ」のフレームにしました。

 f:id:tetsutylor:20160919144755j:image

価格はフレームにレンズ代込みで、4,900円(税別)から、5,900円、7,900円、9,900円とリーズナブルな4種類です。

 

レンズは、遠近両用にした場合は、追加で5,000円かかります。

f:id:tetsutylor:20160919141940p:plain

しかし、それ以外はいくら度数が高くても追加料金はありません。

薄さも牛乳瓶の底みたいなレンズにはならず、ちゃんと薄型にしてくれます。

 

私が選んだのは7,900円のタイプで、追加料金は無しで済みました。

 

ケース

f:id:tetsutylor:20160919142127p:plain

黒と赤の2種類から無料で選択できます。

しっかりしたケースで、保管用にちょうどいいです。

 

 

待ち時間

 

お店でフレームを選んでレジに持っていくと、最初に視力検査をします。

自分の視力が分かっている人は不要です。

 

私は視力をはかってもらいましたが、5分くらいで終了しました。

 

視力検査が終わると次はメガネのかけ具合を調整してくれます。

店員さんが調整してくれたメガネをかけて、曲がってないか、下を向いたりしたときに簡単にずれたりしないか、などチェックしてくれます。

 

これがまた5分くらいで終了し、次はお会計です。

会計が終われば、あとはメガネを受け取るだけ。

 

自分にあったレンズの在庫があればその日に受け取れますが、もしない場合は後日の受取となります。

 

私の場合は在庫があったので、20分くらいの待ち時間で受け取ることができました。

 

結果、フレームを決めてから受け取るまで約45分くらいで終了です。

 

今回はメガネを買うために来ていたのですが、これくらいの時間で済むならショッピングの途中でも気軽に買えるなと思いました。

   

 

送料

f:id:tetsutylor:20160919143703p:plain

オンラインショップの無料会員に入れば、日本全国送料無料でお届けしてくれるそうです。

 

今回で私の視力のデータは取れたので、次回はネットで注文も試してみたいと思います。

 

保証・アフターサービス

f:id:tetsutylor:20160919143819p:plain

 

購入から6か月間は、フレームとレンズを2回まで無料で交換してくれます。

 

また、ノーズパッド・丁番のネジが緩んだり外れてしまった場合は、無料でネジの締め込み・新しいものとの交換をしてくれます。

 

しかも、これらのサービスは購入した店舗だけでなく、全国のジンズショップならどこでも受けられるので、職場や旅行先で気になったときに近くのショップに駆け込めば対応してくれます。

 

まとめ

 

PC用や花粉対策などの特殊なレンズを選ぶ場合は、他のメガネチェーンと詳細に比べてみないとわかりませんが、

普通の近用メガネを購入するだけなら、コストパフォーマンスと手軽さではジンズが一番だと思います。