FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

絶対お得!引っ越し代を安く済ませる裏ワザ!

友人と話をしていて引越し費用が自分だけ高かった!と思ったことありませんか?

引越しを安く済ませるためのポイントを抑えて、お得に引越ししましょう。

 

引っ越し費用を安く済ませるためのポイントは5つ。

 

まず①必ず複数社の見積を取ること。

 

引越屋の見積に定価はあって無いようなもの。他社の見積をチラつかせれば対抗して値下げしてくれます。

 

複数社の見積は一括申し込みができるサイトなどがたくさんあるのでそこから申し込めば簡単です。

 

②自分の引っ越しタイプに合った会社を選ぶ

 

引越屋はどこも同じ、とあなどってはいけません。引っ越しといっても、長距離なのか、家族連れなのか、はたまた都内近郊なのかなどなど、タイプは様々です。

 

そしてそのタイプによって各社が得意とする分野というものがあるのです。これをうまく利用することで自分に合った最安値会社を選択することができます。

 

例えばヤマト運輸は、全国をカバーする運送会社なので長距離の引っ越しは他社より低コストで運ぶことができるため、地方への転勤、といった場合はヤマト運輸がお得です。また、単身赴任向けのパックなどもあります。

 

③オプションは見積に「コミコミ」でお願いする

 

引っ越しの際に金額が読めないのが「エアコン」や「洗濯機」といった据え付け家電の取り外し取り付け費用です。新居の間取りがどうなっているかによって必要な部材が変化するので、大抵の場合は当日に追加費用を支払うことになります。

 

ただし、アリさんマークなどは「エアコンパック」などを用意しており、定額で追加費用なしにしてくれるオプションパックが用意されています。

 

エアコンのように当日追加費用が発生しそうなものをできるだけ事前の見積に含めてもらい各社を比較することで、後になって結局高くついた、ということがなくなります。

 

④見積を見て即決しない

 

会社によっては訪問見積に来たとき、「他社さんに見積を取られてますか?そこよりさらに〇〇円を値引きしますから、今すぐ契約してください」とせまってくるところがあります。

 

ここで「ラッキー!それなら・・・」と即決してしまってはいけません。各社にその値引き額を再度提示してやることで、本当にそれが最安値なのかを検討しなければならないのです。

 

⑤引っ越しシーズンオフを狙う

 

これがもっとも効果を発揮するポイントです。

 

3月や9月は新学期や転勤のシーズンで引越が多く、引越会社も値下げしてくれません。逆にシーズンオフは仕事が少ないため、一件でも多くの仕事を受けるために値下げしてくれるのです。

 

引越会社はたくさんのトラックを所有し、社員を雇用しているため仕事が無くても一定の固定費用が毎月発生してしまいます。稼働していないトラックや社員がいれば収益は減少し、逆に稼働率が上がればその分収益は増えるため、値下げしてでも1件でも多く引越しを受ける方が引越会社にとっては利益につながるのです。

 

これを逆手に取って値下げできるのがオフシーズンなのです。

 

これらのポイントをうまく組み合わせて、ぜひお得に引っ越ししてください。