FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

賃貸の優良物件をお得に見つけるコツ!

引越ししたいけど、良い物件が見つからない、探す時間もなかなか取れない、という時。


賃貸物件を上手に探すコツを知っていれば簡単に優良物件に辿り着くことができます。


賃貸物件探しのポイントは4つ。


まず①ネットで物件を探す


賃貸仲介の会社はエイブルアパマンショップなど沢山ありますが、いきなり最寄りのお店に行ってはいけません。


今はほとんどの物件情報がネットにアップされているので、まずは自分の希望条件にあった物件をネットで探してみるのです。


何も決めずにお店に行ってもお店が売りたい物件から紹介されるだけなので時間の無駄になります。


ネットの物件情報は各社ごとに若干違っているので出来るだけ色んな会社のホームページで検索した方が良いです。


②希望の物件を複数社に聞いてみる


希望の物件を幾つか見つけたら、どの会社のホームページで見つけたのかに関係なく、2社以上の会社に同じ物件の取り扱いができるか聞いてみます。


ネットに載せてなくても大抵の物件はどの会社でも取り扱いが出来るものなのです。


賃貸仲介各社のサービスには殆ど差がありません。差がつくのは担当者のレベルです。


賃貸物件探しは時間との勝負です。モタモタしていると別の人に契約されてしまうので、行ったお店の担当者が頼りない人だと無駄な時間を過ごすことになります。


扱っている物件が同じならば良い担当者がいるお店に行った方が良いので、最初の問い合わせでの対応が1番スムーズで良いと感じたお店に決めましょう。


③法人契約が抜けたあとが狙い目


お店が決まったら物件の詳細を確認します。


ここが大きなポイントです。


前の入居者が法人契約であったならばそれはお得な物件である可能性が高くなります。


理由の一つは複数の部屋が一度に空いてしまい、家主としては早く埋まらないと大きな損失となってしまうため、値下げしてでも契約して欲しいからです。


また法人契約であれば退去時の内装リニューアル費がしっかりと支払われているはずなので、内装設備など気になる所があれば新品に変えて貰えたりします


④築年数より内装の新しさで選ぶ


築年数が新しいと当然高くなりますが、内装が新品にリニューアルされていれば実際に入居してみればその差は殆ど分かりません。


新しさ、キレイさの基準は築年数ではなく、実際の部屋を見て判断しましょう。


新築のマンションでエントランスが豪華過ぎる所はその費用が家賃に上乗せされてしまうので、その辺はあまり気にしない、という人には割高です。


このようなコツを抑えて物件を探すことで、時間をかけなくても優良物件を見つけられるはずです。


ぜひ実践してみてください。