読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

理数の不思議な世界「リスーピア」を旅して来ました!

サイエンス お出かけスポット
文系の自分にとっては理科や数学は苦手分野です。

しかし、自分の子どもにはそうなって欲しくはない!

願わくば、理科や数学を好きな子になってもらいたい!

ということで、都内で遊びながら理科や数学の知識を学べる施設を探してみたところ、結構沢山ありました!

先日行った「ハチラボ」もその一つです。

そして、今回行って来たのはコチラ

f:id:tetsutylor:20140718162922j:plain


パナソニックが「理科や数学の魅力に触れ合える体験型ミュージアム」として運営している施設

リスーピア」です。

前回の「日本科学未来館」に引き続き、こちらもお台場にあります。

「お台場」って何となく「デートスポット」「学生の遊び場」ってイメージだったので、これまで全く行かなかったのですが、実は子ども向けの施設がかなり沢山集積していることが分かりました。

何故今まで気づかなかったんだろう?と考えてみたんですが、
お台場は「フジテレビ」や今回訪れた「パナソニック」など様々な企業が商業施設を運営していて「一大テーマパーク」と言われているものの、実際は統一感が薄いんじゃないかと思います。
個々の企業がバラバラに顧客誘致策を展開している感じで、街全体としての雰囲気作りに今一つ一体感がないんです。

まあまだ新しい街ですし、規模も巨大なので色々とまとまるには時間がかかるんでしょうね。

いずれにしても顧客誘致策の仕方によって、今後も集客が伸びていく地区だな、と感じました。

さて「リスーピア」に話を戻します。

リスーピア」はパナソニックの体験型ショールームが1階に入っている施設の2階と3階部分になります。

2階は「クエストフロア」ということで、理科や数学の難解な法則を、面白い装置を使って謎解き感覚で体験できる施設になっていました。

f:id:tetsutylor:20140718163210j:plain


コチラのフロアは無料です。

フロアのさらに奥に進んで行くと、また違うタッチパネルでパズルやクイズに答えていく「クエストライブラリー」なるパネルディスプレイが5台ほど並んで設置されていました。

問題のレベルは初級、中級、上級に分かれていて大人も子どもも楽しめるようになっていました。

他にも海外の知育玩具などが幾つか並べて置いてありました。

f:id:tetsutylor:20140718163322j:plain


適当に叩いてもなんとなく曲っぽく聴こえる楽器 「アウリスグロッケン」
これなんかは、楽器が全然ダメな私でもちょっと楽しかったです。

続いて3階がメインとなる「ディスカバリーフロア」

f:id:tetsutylor:20140718163402j:plain


入場料は大人が500円で高校生以下は無料でした。
高校生まで無料とは太っ腹!
そのせいか、けっこう高校生くらいの来館者が多かったです。

また、一度に入場できる人数に制限があるため、事前に入場整理券をもらっておき、指定された時間に入場するというシステムです。

さてこちらは「ディスカバリースコープ」なる端末と、イヤホンが一人ひとりに渡されます。

それを使って展示されている装置を巡り、体験して情報を自分の端末に集めていきます。


アトラクション的な展示が多く、体を使って遊んでいるうちに理科や数学の勉強につながっている、という感じです。


アトラクションは全部で15もあるので、全てをじっくりやっていると丸一日かかってしまうかも。

そのための配慮なのか、「冷水器を用意してありますので、喉が渇いたら飲んでください」
と案内されました。

細かいところに気を遣われていますね。

私のオススメのアトラクションは、うちの子が一番楽しんでいた「ウォーターフライト」

f:id:tetsutylor:20140718163439j:plain


雨がどうして降るの?という疑問に、自分が水蒸気となって空に昇り、雨として地上に戻ってくるまでをゲームで体験して学べる、というものです。

素数以外の数字を相手に打ち返す「素数ホッケー」も面白いですが、これはまだ小学二年生には無理でした。

ディスカバリーフロア」は1時間半ほど遊んで終わりましたが、けっこう疲れました。

常設の展示としてはこれで全てですが、毎回違ったテーマで開催される「ワークショップ」も行われています。

ワークショップは一日二回ほど開催されていて、人数制限があるので、事前に参加整理券をもらっておいて参加する形式です。

この日参加したのは、

f:id:tetsutylor:20140718163732j:plain


ということで、「偏光板」というサングラスなどに使われたりする半透明なフィルムを使った「光の性質」を学べるワークショップでした。

7月、8月はこんなワークショップが開催されています。

f:id:tetsutylor:20140718163754j:plain


今週末は「科学実験ショー&漫才」ですね。


ということで、結局丸一日、「リスーピア」で過ごしてしまいましたが、

子どもへの理数アレルギー対策としては、満足のいく面白い施設で、また行きたいな、という高評価でした!

夏の自由研究の課題を探すのにも役立つし、これからの時期は混雑してくるんだろうな〜

また空いてそうな時期を見計らって行きたいと思います。