FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

トッキュウジャーに鎧武、プリキュア!2014年 講談社 夏のこどもまつり に行ってきた!

梅雨も明けてこれからが夏本番!
夏といえば「お祭り」ですが、子どもたちが待ち望んでいたお祭り、講談社の「夏のこどもまつり」に行ってきました!

f:id:tetsutylor:20140725194148j:plain


講談社の「夏のこどもまつり」とは、日曜日の朝に放送されている子供番組
「列車戦隊トッキュウジャー」「仮面ライダー鎧武」「ハピネスチャージプリキュア」の3作品のキャラクターが一堂に会して行われる、夢のイベントなのである。

港区にある「メルパルクホール」で7月21日「海の日」に開催されました。全席指定で午前の部と午後の部の2回に分かれていて、今回行ったのは午前の部でした。

メルパルクの中に入ると、ロビーで「トッキュウジャー」「鎧武」「プリキュア」が一人ずつ握手でお出迎えしてくれました!

これは嬉しい!

写真撮影は有料だったので今回は見送りましたが、もし撮影する場合は、数に制限があるので事前に並んで整理券をGETしておかないといけなかったようです。

ホールに入って座席に着くと、一人ずつにお土産が用意されていました。

気になる中身は、こんな感じ。

f:id:tetsutylor:20140725194224j:plain


ミッフィーのショルダーバッグ
プリキュア&トッキュウジャー自由帳
③鎧武クリアカップ
④トッキュウジャーフィギュア付きキーホルダー


トッキュウジャーの食玩フィギアは人によって何号かは違うみたいですが、それ以外は共通の模様。

そして待ちに待った「子どもまつり」のスタート!

f:id:tetsutylor:20140725194451j:plain


オープニングは、トッキュウジャーのエンディング主題歌を歌う「鎌田章吾
」くんの歌でスタート!そこへ戦隊モノの主題歌でおなじみ、高取ヒデアキさんが参加!

前半戦は歌とダンスで盛り上がるパートになっているんでいるですね!

一通り自己紹介が終わったところで、場面が変わり、プリキュア登場!短いショーに続いて主題歌を担当する吉田仁美さんも交えての主題歌熱唱!このあと、エンディングのダンス振り付けレッスンがありました。

f:id:tetsutylor:20140725200043j:plain


前半戦ラストは「トッキュウジャー」「鎧武」「プリキュア」そして「キョウリュウジャー」などのメドレーで締め!

キョウリュウジャー」のエンディング「バモラ!キョウリュウジャー」が、歌詞も面白いしダンスもあるので、一番会場が盛り上がってました。

10分間の休憩を挟んで後半戦。

ここで子どもはトイレに連れて行っておかなかった方が、後々、ショーの途中でトイレに連れて行ってました。

10分間という短い時間なので、休憩に入ったら早めにトイレに行かないと、時間内に順番がこない方もいました。

さて、後半戦のスタートは「トッキュウジャー&鎧武ショー」

会場が暗転すると、出ました。シャドー怪人たち。

f:id:tetsutylor:20140725200136j:plain


悪者の登場に、子どもたちは悲鳴や鳴き声、さらには罵声など、いきなりボルテージが上がっていました!

そこへトッキュウジャー&鎧武が登場!颯爽と敵を蹴散らし、会場のテンションはMAXです!

f:id:tetsutylor:20140725200158j:plain


ひと段落ついたところで、悪者組織のリーダー的な人が現れて会場のお客さんとトークでつなぎます。

f:id:tetsutylor:20140725200220j:plain


この悪者の中の人、声の感じから恐らく50代後半くらいだと思いますが、こういったショーをもう何十年とやり続けているそうで、子どもたちや親を楽しませるトーク術がハンパなく上手かったです。

「自分が嫌われ者を演じることで子どもに夢を与える」ということに相当な生きがいを感じているんだろうな、この人。

さてトークは進み、会場から2名の子どもが選ばれて、怪人たちと簡単な「殺陣」体験がありました。

一番前の列から選ばれていたので、こういったサプライズイベントに参加したいのであれば、やはりチケット予約は少しでも早くして最前列を取らないと駄目ですね。

再びショーが再開し、クライマックス直前では会場の後方からトッキュー6号もサプライズ登場!

f:id:tetsutylor:20140725200333j:plain


怪人たちとの戦いに勝利し、最後はプリキュアたち、歌のお兄さん、お姉さんも登場しての歌で締めくくり。

f:id:tetsutylor:20140725200347j:plain


あっという間の1時間半でした。

写真撮影券を購入している方々はそのまま会場に残り、そうでない人は退場します。

終了後ロビーでは、講談社の子供向け雑誌や、関連のグッズが売られていましたが、基本的に定価でオリジナルのものは少なく、ここで買わなくてもいいかな、という印象でした。

トッキュウジャーのTシャツが販売されていたのですが、サイズが110cmからしかなく、未就学児にはちょっと大きいように思いました。

戦隊モノのメインターゲットって幼稚園くらいだと思いますが、サブターゲットはそれより下だと思うので、もうワンサイズ小さいものも用意してもいいんじゃないのかな?


今回取れた席はラッキーにも前から20列目くらいだったのですが、それでもけっこう舞台とは距離がある感じがしたので、2階席とかになってしまうのであれば近所のショッピングモールで開かれるショーの方が良いかも。

ただ、「戦隊・ライダー・プリキュア」というヒーローが一度に楽しめるお得感は他にはない要素なので、ヒーローショーは年に一回、これでまとめて済ませてしまうという使い方はアリだと思います!