FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

楽しく勉強「サイエンスバトル」が熱い!ソニーエクスプローラーサイエンスに行ってきた!

難しいサイエンスの話題を、子どもにも楽しく教えてくれる「サイエンスバトル」をご存知でしょうか?

f:id:tetsutylor:20140818174753j:plain


これは、SONYが提供する施設「ソニーエクスプローラーサイエンス」にて毎週、土日に開催されているイベントショーで、「サイエンスバトラー」なる科学者に扮した10人のキャラクターが、その科学の知識を会場にて披露し、その凄さを競い合う、というものなのである。

何やら面白そうな予感がする!

ということで早速行ってきました!


ソニーエクスプローラーサイエンス」はお台場の複合施設「メディアージュの5Fにあります。

料金は大人500円、子ども300円。

この手の施設としては一般的な料金だと思います。

施設の中ではソニーの最先端技術を使った様々なアトラクションが用意されており、特徴的なのは、やはりSONYの得意分野である音や映像についてのアトラクションが多いということ。

それらのアトラクションも面白いので紹介したいのですが、とりあえず今日のところはお目当ての「サイエンスバトル」についてレポートします!

「サイエンスバトル」について

宇宙戦争が激化する未来において、個性的な10の惑星の代表が、己の科学知識と技を使って科学実験対決を行い、その優劣を競うことで争いを平和的に解決するという設定のもと、毎回2名の演者がライブで実験対決を行います。

演者はそれぞれ、「光」「音」「大気圧」など科学技術や数学 の得意分野を持ち、得意とする内容の実験を披露して観客がその優劣を判定します。勝者はその場でもうひとつ、別の実験を披露することができます。

と、このような建て付けとなっております。

10名のバトラーはこんな感じです。

f:id:tetsutylor:20140818153302j:plain


本日の対戦はこちらの2人の対戦でした!

f:id:tetsutylor:20140818174820j:plain


左がリン・スイレイ、右がボルターです。

ちゃんとコスプレしてくれています。気合い入っていますね!

まずはリン・スイレイの披露!

f:id:tetsutylor:20140818174838j:plain


水入りのビニール袋に鉛筆を刺すと中の水は噴き出してきてしまうのか?!という実験。

結果は、

お見事!水はこぼれてきませんでした!

f:id:tetsutylor:20140818174903j:plain


タネ明かしは、ポリエチレン素材の袋は、鉛筆に刺される瞬間に摩擦熱を発するので、その熱によって鉛筆との隙間が塞がれてしまうため、水はこぼれないそうです。

なるほど〜  面白い。

そしてこのリン・スイレイはお嬢様キャラのようで、高飛車な感じのトークでした。役作りもしっかりされています。


続いてボルターの披露!

f:id:tetsutylor:20140818174923j:plain


カレー粉で染めた布を水で濡らしたキャンバス。これに電気の力で絵を描くことができる、という実験です。

キャンバスにプラスの電極を取り付け、マイナスの電極を金属のスプーンに取り付けます。

そしてスプーンをキャンバスに押し当てると

f:id:tetsutylor:20140818175002j:plain


その部分だけ色が変わりました! お〜 ちなみにこれはリンゴだそうです。

原理の説明は結構難しいのですが、詳しい解説とわかりやすい研究レポートにまとめてくれていました。

f:id:tetsutylor:20140818175042j:plain


f:id:tetsutylor:20140818175055j:plain


要するにカレー粉の成分が電気に反応し、アルカリ性になった部分だけ色が変わる、という原理だそうです。なので時間が経って性質が中性に戻ると元の黄色いキャンバスに戻っていました。

なるほど〜 

ボルター、キャラ的には男だと思うのですが、演じていたのはお姉さんで、自信なさげキャラ、という設定でしたが、内容的には濃いもので、難しい内容をわかりやすくパワポにまとめられており、しっかり者のイメージでした!

さて、お互いの披露が終わり、どちらが良かったのか、会場の皆さんからの拍手の量で判断されます。

f:id:tetsutylor:20140818175114j:plain


今回勝利したのは…


f:id:tetsutylor:20140818175130j:plain



ボルター!

リン・スイレイはちょっと内容が地味だったか?

ということで勝者へのご褒美としてボルターにはもう一つ「電子レンジ」を使った実験を
披露する機会が与えられました。

この実験は電子レンジの中に電球をいれて「チン」することで電球を光らせるというもの。

f:id:tetsutylor:20140818175152j:plain


赤色に光ってるのが分かりますか?一瞬でしたが確かに光りました!
失敗して爆発したりとかしなくてホッとしました。

危険なので絶対マネしないでね!!ボルターもそこ強調してました。


30分のショーでしたが、あっという間に終わってしまいました!
残り8人のバトラーも見てみたい気にさせてくれます。

普段は2人の対戦ですが、年に一度、全バトラーが集結しての決戦大会をやっているそう。

キャラもオリジナルなら、コスチュームも特注でそうで、かなり本格的なサイエンスの知識も
勉強できる!

子どもも大満足だったので、これはリピートすることになりそうです。