FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

ワークショップコレクション2014 レポート・感想・見所

8月29日・30日と開催された世界最大規模の子供向けワークショップイベント「ワークショップコレクション2014」に行ってきました。

 
f:id:tetsutylor:20140902115749j:plain
 
今回で10回目になるそうですが、初めての参加でしたので、ちょっと勝手がわからず戸惑いましたが、体験したイベントの感想などレポートしたいと思います。
 
 
まず、今回の目玉の一つ、ソフトバンクの「pepper
 
f:id:tetsutylor:20140902115834j:plain
 
 
エスカレーターを上がってすぐのスペースで、こんなにたくさん並んでいるとは思わずオドロキです。
 
胸のタッチパネルを使ってスロットゲームなど4種類のゲームや操作を体験することができます。
 
うちの子は「当たり前体操」を一緒に踊る、というのをやりました。
「当たり前体操」はお笑い芸人のCOWCOWがネタでやってるやつです。
 
 
動きはまあまあスムーズで、受け答えもちゃんと出来ていて、コミュニケーション能力高いな、という印象でした。
 
しかしその高いコミュニケーション力が返って不気味らしく、うちの子は「ちょっと怖い」という感覚を覚えたそうです。
 
 
こちらはものづくり体験。
 
f:id:tetsutylor:20140902120706j:plain
 
アルミホイルでビー玉を軽く包み、ガラスのビンに入れてシェイク!
 
f:id:tetsutylor:20140903000917j:plain
 
するとあら不思議、タマゴ型になっちゃいました。これを坂道を転がして遊びます。
 
f:id:tetsutylor:20140903001053j:plain
 
タマゴ型なので転がり方が面白い!
また、アルミホイルに好きなキャラを描いて自分オリジナルのタマゴが作れるのが楽しいです。
 
朝日新聞提供による「ドラえもんクイズラリー」は、全問正解のうえ、くじに当たれば自分の写真入り新聞をもらえました。
 
「ワクワクドキドキする未来を考えよう」という講義形式のワークショップにも参加しました。
 
これは「自然界の様々なモノを参考にして凄いものが発明されている」というような事例を聞き、子どもたちにも未来に「こんなモノがあったらいいな」というものを考えてもらおう、というような趣旨でした。
 
例えば、サバンナにある巨大な白アリの巣の構造を参考にして作られた住居用のタイルは、湿度を自然に調整してくれる機能をもっており、夏は涼しく、冬は暖かく室温を保つことができるそうです。
 
これがあればエアコンを使わずに済むので、エコな生活が送れます。
 
なるほど〜そんなものがあるんですね。
 
その他、昆虫や動物の研究から生まれた商品が紹介されており、難しい内容でしたが、身近な昆虫などの話題だったので何とか退屈せずに聞いていました。
 
f:id:tetsutylor:20140902120818j:plain
 
こちらは最初から最後までずっと行列で大人気だったコーナー
 
羊毛を針でぷすぷすと刺していくだけで人形を作る、というもの。
 
f:id:tetsutylor:20140903001819j:plain
 
針を使うので危ない、と思いきや、本当に刺すだけなので、裁縫を学ぶ前段階の準備として子どもにはちょうど良い内容だな、と感じました。
 
これは似たような制作キットがあちこちのショップで売っているらしく、また家でもやって見たいと思います。
 
 
ちょっと変わったイベントもやっていました。
 
f:id:tetsutylor:20140902122112j:plain
 
会場である青山学院大学の校舎内で、「シロヤギ」と「クロヤギ」がはぐれてしまっています。
クロヤギに話しかけると、シロヤギ宛の手紙を渡されました。どこかでシロヤギに会ったら渡してくれ、と。
 
f:id:tetsutylor:20140902121307j:plain
 
なるほど、これはシロヤギを探して回ることで、より多くのブースを見てもらおう、という企画ですね。面白い。
 
17号館の5階で見た!とか目撃情報もチラホラ聞こえてきていましたが、中々見つけられず、諦めかけていたとき、丁度二人が出会う瞬間に立ち会うことが出来ました。
 
f:id:tetsutylor:20140902121723j:plain
 
無事、手紙を渡してお礼のシールをゲット!
 
そしてイベントも終了の時間に。
 
朝一から参加しましたが全然時間が足りませんでした。うちは低学年向けのワークショップ中心に回りましたが、高学年向けのワークショップの方が多かった気がします。
 
また来年、少し高度なワークショップに参加してみたいと思います。
 
f:id:tetsutylor:20140902121810j:plain
f:id:tetsutylor:20140902121826j:plain
f:id:tetsutylor:20140902121854j:plain