読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

秋がベストシーズン!上海蟹の食べ方

10月から12月、秋から冬にかけてシーズンを迎えるのが上海蟹です。

f:id:tetsutylor:20141106184014j:plain

上海蟹とは上海近郊の陽澄湖で取れる蟹のことで、正式には「モクズガニ」といいます。

偽物と本物の区別のため、このような証明タグが付いている場合もあります。

f:id:tetsutylor:20141106184646j:plain

上海蟹はサイズは小さくて身も少ないんですが、味噌が大変美味しいんです。


食べ方

人によって様々ですが、一般的なものをご紹介します。

f:id:tetsutylor:20141106185209j:plain

  1. 出来たては非常に熱いので、まずは足と手をハサミで切り取ります。
  2. 足を節から切り、中の身を棒で突いて押し出して食べます。
  3. 足の身を食べている間に甲羅の部分が冷めてくるので、手で触れるくらいになっていればOKです。
  4. 甲羅を口と反対側のお尻の方から開きます。手で十分開くことができます。
  5. あとは中の味噌を食べるだけ。

また、テーブルにレモンとお茶が入ったボウルが置かれますが、これは手を洗うためのフィンガーボウルなので、間違って飲んだりしないようご注意ください。

上海蟹は濃厚で中華料理の中でも人気が高く、これを食事の最初に食べてしまうと後の料理に箸が進まなくなってしまうことが多いので、出来るだけ後に残しておくようにした方が良いと思います。