FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

ファストパスを取れなかったときでも効率よく「トイストーリーマニア」を楽しむための裏技を発見!

今回、何度目かのディズニーシーに行き、「トイストーリーマニア」の人気ぶりに改めて驚かされました。

 

 

 

うちの娘も「トイストーリーマニア」が大好きで、これに乗らずして帰るということはあり得ないので、開園45分前に入園ゲート着、入園と同時にファストパスを取りに行きましたが、それでも取れたのは13時05分からのもの。

 

とりあえず一安心しましたが、出遅れてファストパスが取れなかった人、この日も多かったと思います。

それでも乗りたい人は110分待ち、ピークの時間帯では150分待ちという列に並ばなければならないのか?

 

それは辛い。何か効率的な方法はないものか。

そう考えていたところ、ファストパスほどではないですが、かなり待ち時間を減らして効率をアップさせる裏技を見つけました。

 

 

それはズバリ、

19時以降に列に並ぶ

 

それだけ?

遅めの時間だから多少待ち時間が短くなるだけやん!

と思われるかもしれませんが、そうではありません。

 

というのも、この日の私は、実は「もう一度トイストーリーマニアに乗りたい」という娘の要望に負け、19時から並びました。

その時点での待ち時間は「110分」の表示でした。

ただ、実際に並んでいる人の列は、ファストパスのチケット発券機のかなり手前の辺りくらいまでしかありませんでした。

「これから約2時間並ぶのか」と思っていましたが結果として、私たちは19時45分にはアトラクションに乗ることができてしまったのです。

表示時間「110分」に対して65分も早い「45分」で乗れてしまったのです。

 

なぜこんなに早く列が進んだのか?考えられる要因はこちら。

 

遅い時間のファストパス所持者の利用率が低い

 

私が13時からのファストパスを利用した時、ファストパスの入口にも列ができており、5分くらいは待ちました。

しかし、19時から並んだときは、ファストパスを利用しにくる人はほとんどいませんでした。

つまり、「110分」という待ち時間は、ファストパスの利用者の人数をカウントしての待ち時間になっているため、実際にファストパスが利用されなければ、その分だけ列に並んでいる人は早く乗れることになるのです。

恐らく、19時以降くらいの遅めの時間だと、ファストパスは取ったものの、結局利用しないという人が多いのだと思います。

 

列に人が沢山並んでいる状態での「110分待ち」の表示であれば、そこからあまり時間が短縮されることはないかと思いますが、

列が短い場合は、ファストパスが利用されず、待ち時間が短縮されることを期待できるのです!

 

お子さんが小さくて19時以降ではちょっと厳しい、という方にはこの裏技は向かないものだと思います。

この方法以外の裏技も今後、探してみたいと思います。