読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

ふっくらフワフワ!お好み焼きの作り方・レシピ・コツ

料理
今日は家で誰でも簡単にお店で出てくるような、ふっくらフワフワのお好み焼きを作る方法を公開します!
 
f:id:tetsutylor:20141204180934j:plain
 
まずは材料
 
f:id:tetsutylor:20141204180110j:plain
・お好み焼きの粉
・キャベツ
・卵
・豚肉
・紅ショウガ
 
至って普通です。材料に特別なところは何もありません。
 
「ふっくらフワフワ」にするポイントは作り方にあります。
 
それではさっそく作り方
 
まず、キャベツをみじん切りにしてざるに入れ、冷蔵庫で30分以上冷やします。
f:id:tetsutylor:20141204180646j:plain
 
 
冷蔵庫で冷やすことで、キャベツから余分な水分が奪われて乾燥するので、
焼いた後にありがちな「べちょ~」っとした感じがなくなります。
 
次は生地作り。
 
卵を割り、卵黄と卵白に分けます。
 
そしてお好み焼き粉、卵黄、水を混ぜ合わせます。
 
f:id:tetsutylor:20141204181122j:plain
 
この卵白を別にしておくことが最大のポイントなのですが、
卵白が無い分、混ぜにくく水を分量より多く入れたくなるのですが
そこは我慢して頑張って混ぜてください。
 
卵白を泡立てます。
f:id:tetsutylor:20141204180719j:plain
 
ケーキを作ったことのある人ならご存知だと思いますが
スポンジを膨らませるには、この卵白を泡立てて作った「メレンゲ」が必要なんです。
そして、それはお好み焼きでも同じ。
このメレンゲを、泡だて器を持ち上げたときに角がたつくらいまで
しっかり泡立てます。
 
 
キャベツをざるから取り、ボウルに移します。
そしてキャベツの上から、先ほど作った生地とメレンゲをかけます。
 
f:id:tetsutylor:20141204180648j:plain
 
 
面倒なので生地の方にキャベツを入れたくなるのですが、それはいけません!
 
キャベツに生地を上からかけることで、キャベツと キャベツの細かい間に生地とメレンゲ
自然と流れ込んでくれるので、生地が偏りにくく、均一にキャベツと混ざります。
 
そしてメレンゲが生地に溶け込んでしまわないよう、混ぜるのは2,3回、さっくりとだけにしておきます。
 
これで完成。
 
焼くときはホットプレートがあると便利です。
 
f:id:tetsutylor:20141204180721j:plain
 
生地は小さ目の円形にしておいた方が、ひっくり返す時に失敗しにくいので
慣れないうちは小さいサイズがおすすめです。
 
温度は160℃から180℃程度の表面が焦げない温度にして、蓋をして5分ほど焼きます。
 
5分たったら蓋をあけ、ひっくり返して1分ほど焼きます。
 
これで完成。
 
うちでは表面が多少カリッとした方が好きなので、最後に温度を200℃くらいに上げて
裏面30秒、表面10秒くらい焼いて仕上げます。
実際に出来上がったのがコチラ
 
f:id:tetsutylor:20141204180834j:plain
画像だと分かりませんが、フワフワです!まるでスポンジケーキのようです!
厚みはだいたい2cmくらいまで膨らんでます。
 
自分で言うのも何ですが、まさにお店のお好み焼きのよう!
 
料理が苦手な方でもこれなら簡単にプロに近づけられるので、ぜひ試してみてください!