FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

子どもの急な発熱!原因・正しい対処法・解熱剤の使い方

うちにもとうとうインフルエンザがやってきてしまいました。

娘が急に高熱を出してしまい焦ってしまったのですが、発熱についての最低限の知識を身に着けておいた方が良いと実感し、調べてみました。

f:id:tetsutylor:20141214225425j:plain

 

 

いつもお世話になっていますが、こちらのキャップスクリニックさんのサイトにわかりやすくまとめられていました。

 


キャップスクリニック | Part03 熱について

 

簡単にまとめると、以下の3つがポイントだと思います。

 

 発熱の主な原因

・病原菌と戦う白血球が活動しやすいようにするため。

・ウィルスの増殖を抑えるため。

 

これは何となく知っていました。病気になった以上、熱が出るのは悪いことではないんだな、と。

では、熱は下げない方がいいのか?

 

解熱について

・40℃くらいまでなら深刻度はあまり高くなさそう。

・ただし、顔色が悪い、ぐったりしている、嘔吐、けいれんなど、発熱以外の症状が出ているときはすぐ病院へ。

 

なるほど、熱だけでは判断できないので、ちゃんと子どものことを観てあげること大切なんですね。

それから、うちの子もそうなんですが、熱に冒されて悪い夢を見たり、汗をかきすぎたりしてなかなか眠れないことがあります。

そんなときには解熱剤を使って一時的に熱を下げることも大切なんですね。

 

これから冬本番。

みなさんもお子さんの急な発熱にはご注意ください。