FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

子どもの鼻水を吸引器で吸い取るとき、嫌がられない方法!

冬場に気になるのが子どもの鼻水。

 
2,3歳くらいだと、まだ自分では鼻を噛めないので垂れ流しっぱなし。気をつけないと中耳炎になったりもします。
 
そこで、親が鼻水を吸うための「吸引器」があるので、うちではこれを使っています。
 
 
これで少しは中耳炎になるのも防げるのですが、あんまり強く吸いすぎると、子どもも嫌がってさせてくれなくなりますし、鼻を痛めることにもなってしまうので、軽く吸って出てこない場合は、諦めて耳鼻科で吸ってもらいましょう!
 
多少の鼻水を子どもに嫌がられずに吸わせてもらうのに、私がやった中で一番有効だったのが、
 
子ども自身に吸引器を持たせる
 
ということです。
 
無理にやるのはよくないです。
上の娘は強引にやり過ぎて吸引器を見ただけで逃げるようになってしまいました。
 
その経験から、下の息子には自分で吸引器を手に持たせ、鼻にさすようにお願いし、
ものすご〜く弱い力で吸うところから始めました。
 
そのお陰で息子は吸引器自体を嫌がるようなことはなく、
鼻水が出ているときに声を掛けると自分から吸って欲しいと言うようになりました。
 
まだ吸引器を使ったことのない方は、使い方に気を付けて使ってください。