FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

「レゴ」の基本ブロックの楽しみ方「子どもが自分で何かを生み出す喜び」を体験

これまでは誤飲が怖くてほとんど触らせていなかった「LEGO」

 

 

 

下の息子も3歳になって、そろそろ大丈夫かな、ということで

寒い日はお家で静かにレゴで遊んでます。

 

一緒に遊んでいると自分の方が熱中してわけのわからないオブジェを

作ってしまうのですが、子どもの発想力もなかなかのもので、いろんなものを作ってくれます。

 

説明書を見ながら飛行機やショベルカーを作れるキットなどが沢山の種類で発売されていますが、私はレゴの基本セットを使って自由にいろんなものを作る方が、子ども自身が何かを作り出す初めての体験としては良いのかな、と思っています。

 

下記のサイトではレゴの基本ブロックを使って12歳以下の子供が自由に作った作品が紹介されています。

 

第2回 レゴブロック作品コンテスト

 

私が気に入ったものをいくつかご紹介。

 

「ラブラブ」(5歳の作品)

f:id:tetsutylor:20150203211843j:plain

 

「まち」(3歳の作品)

f:id:tetsutylor:20150203211902j:plain

「真夜中のこびとのティーパーティー」(9歳の作品)

f:id:tetsutylor:20150203211926j:plain

 

どれも個性的で面白いなと思います。

親から与えられるのではなく、自分で作り出す楽しみを感じられるのがレゴのいいところだなと改めて感じました。