FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

子どものお箸の持ち方練習に使える裏技!輪ゴムと紙でできる「ばね式箸」

子どもにお箸の持ち方を教えるのって難しいですよね。

 

いきなりお箸を使えるようになる子どもはまずいないので、

焦らずゆっくり教えていくのが良いかと思いますが、

 

お箸練習の初歩の段階で非常に役立つ便利アイテムが

輪ゴムと紙だけで作れてしまうんです。

 

元々は海外の方がお箸を使うときに簡単に使えるようにするために

考案されたもののようですが、お箸の練習にもピッタリです。

 


How to Use Chopsticks - Life Hack - YouTube

 

私はこれを見たまんま「ばね式箸」と呼んでいます。

 

これならお箸を使うときに苦労する「箸を開く」「物をつかむ」

という動作が簡単にできるので、

「箸の持ち方」「動かし方」といった、より初歩的な点に重点を置いて学ぶことができるため、

お箸練習のファーストステップとしては最適なアイテムだと思います。

 

それと、これ、菜箸につけて使っても便利です。

 

あと、よく子ども用お箸として売られているこちらの「エジソンの箸」や「トレーニング箸」

 

 

 

 

 

うちの上の娘はこれで練習して使えるようになりました。

 

これも画期的な商品ですよね。

わっか部分に指を通して使うことで、自然と正しい指の位置を覚えることができるという。

 

一つ欠点があるとすれば、食器洗いの時に扱いにくいということ。

 

形がいびつなので洗いにくく、水きりトレーに上手く収まらなかったりします。

 

うちはこんな感じの水きりトレーなのですが、箸を入れるスペースに入りませんでした。

f:id:tetsutylor:20150225205938j:plain

 

ばね式箸なら使い終わったら輪ゴムを外せば普通のお箸に戻るので、

そういうわずらわしさはありません!

 

あと、ついでに簡単なお箸の持ち方練習方法を載せておきます。

f:id:tetsutylor:20150225211118p:plain

 

ということで、色々と紹介しましたが、できるだけ親も子もストレスなく

お箸をマスターできるのが一番なので、無理せずマイペースでいくのがいいんでしょうね。