FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

子どもを誘拐から守るための対策とは?「知らない人について行っちゃダメ」ではダメな理由

子どもを誘拐する手口は、ほかの犯罪と同様にどんどんと巧妙になってきています。

 

「知らない人にはついて行っちゃダメ!」というのは、どの家庭でも必ず教えているとは思いますが、実際に誘拐されてしまった子も同じように言われていたにも関わらず、被害にあってしまっています。

 

では、どういう対策をとれば、誘拐から子どもを守ることができるのか?

 

それについての実験を行った動画がこちらです。

 

 

youtu.be

 

 

実験の内容

動画の中では、事前に親の了解を取り、子どもに犬を連れて近づいて声をかけます。

 

そして子どもが犬に興味を示したところで

「もっとたくさんの子犬を見せてあげるからついておいで」と誘い、まんまと連れ去ってしまうのです。

 

「知らない人にはついて行かない」ということを子どもに言っていた親としては、信じられない、といった感想だと思います。

 

実験が教えてくれる教訓

この実験が教えてくれるのは、

「誘拐は、それぞれの子どもにとって、最も警戒心を失わせるような、全く別々の手口で行われる」ということです。

 

この動画では、実験の対象になった子どもが犬好きで、この方法が親からの忠告を一瞬でも忘れさせてしまう手口だったということを示してくれています。

 

仮に、妖怪ウォッチが好きな子どもなら、たくさんの妖怪メダルを見せて、

「あっちに置いているレアなメダルをあげるからついておいで」と声をかけるのが最も有効な手口なのかもしれないし、

 

警戒心の強い子には、

「あっちでお母さんが呼んでいたよ。早く行ってごらん」と、人気のないところへ一人で行かせて後ろからついて行く、というのが巧妙なのかもしれません。

 

いずれにしても、自分の子どもにとって警戒心を失わせるような手口とはどのようなものなのか、それを親自身が具体的に考えて想定し、子どもと一度でもシュミレーションしておくことが重要だということです。

 

ただ単に「知らない人について行ってはいけない」「物をもらってはいけない」というだけでは、実際に誘拐の危機にさらされたときには効果がないということです。

 

できるだけ具体的に、誘拐が起きそうな状況を子どもと話しておくのが良いということです。

 

さらに言えば「~してはいけない」ではなく、具体的な状況を想像して「この場合はこのように行動すること」という忠告をしておく方が良いと思います。

 

あまり想像したくないことではありますが、万が一のことを考えて最低でもこの程度の対策はとっておいた方がいいのではないでしょうか。