FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

「ひつじのショーン」がまさのコラボ!「エヴァンゲリオン」「シュガシュガルーン」モチーフのアート展が6月12日から開催!

7月4日(土)から映画が全国ロードショーされる「ひつじのショーン」ですが、それに先駆けて、6月12日(金)から、原宿の東急プラザにてアート展が開催されます。

 

マクドナルドのハッピーセットに続き、今度はアート展。

かなり話題作りに積極的ですね!

 

tetsutylor.hatenablog.com

 

 

tetsutylor.hatenablog.com

 

さて、このアート展が面白いのが、普通はアート展というと原画だったり、フィギアだったりが本場ロンドンから取り寄せられて展示される、とかって感じだと思うのですが、

今回はなんと、国内の人気キャラクターとコラボした「ひつじのショーン」が見れるというものなんです!

 

コラボするキャラクターも、結構意外なキャラクターで、

エヴァンゲリオン」や「シュガシュガルーン」といった、大人向けなものなんです。

f:id:tetsutylor:20150527182130j:plain

 

おそらく、「ひつじのショーン」のメインのファン層である幼児向けではなく、2,30代で可愛いものが好き!という女性がターゲットなんでしょうね。

 

最近ではこういう大人向けに子供向けのキャラクター商品が発売されているのを良く見かけます。

 

先日驚いたのが、あの女性誌「CanCam」が、付録に「ピカチュウぬいぐるみポーチ」を付けていたこと。

 

 

そこってファン層が被ってるの?と思ったんですけど、確かに良く考えると、子どもの頃にポケモンを見て育った今のOLさんたちというのは結構いるんでしょうね。

 

そういえば「セーラームーン」の化粧品とかも発売されているのは同じような需要を期待しての戦略なんでしょうね。

 

 

 

さて、今回のアート展は、終了後に展示された作品をオークションにかけ、落札金額を使って病気に苦しむ子供たちのために寄付がされるそうです。

 

子供向けのキャラクターを大人が買って、それでこどもたちのためにお金が使われる、というのはとても素晴らしいことだと思います。

 

おそらく、私が買えるような金額の作品は無いかと思いますが、気持ちだけでも、というつもりで覗いてみようかなと思います。

 

会期:2015年6月12日(金)~25日(木)
会場:東急プラザ 表参道原宿
参加作家:庵野秀明・山下いくと、安野モヨコ國重友美、サンリオ/山口裕子、ブリティッシュ・カウンシル、渡辺おさむ