FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

子どもの食べ物好き嫌いを減らすための3つの対策!

今年も暑い夏になりそうですが、夏バテ解消にはやっぱりしっかりとした食事と睡眠が重要だと思います。

 

大人だと嫌いなものでも健康のため、と食べることができますが、子どもだとなかなか嫌いなものは食べてくれないですよね。

 

子どもの好き嫌いを少しでもなくす方法はないものかと、

下記のサイトにて対策を調べました。

 

wooris.jp

 

記事の内容をまとめると、対策としては大きく3つ。

 

一つは「嫌いなものを嫌いと言わせてあげる」

これは子どもに対しての「食べなさいプレッシャー」を減らすことで、本人が自分から食べようとする力を削がないようにする配慮、という感じ。

 

二つ目は「子どもの時間に合わせる」

だらだら食べているのを観ていると、ついつい「早く食べなさい!」と叱ってしまいますが、子どもの側にも早く食べられない理由があるのでは?と考えてあげる必要があるということ。

例えば昼食やおやつを食べ過ぎて、まだお腹が空いていない、とか。

親の方がこういった子どもが食べにくい環境に陥らないよう気を付けましょう、ということですね。

 

最後が、「献立作りに参加させる」

自分で作った料理だったら喜んで食べようという気になるもの。

作ることはできなくても、家庭菜園で育てたトマトを収穫させて、

「〇〇ちゃんが作った(採った)トマトだよ!」というだけでも興味がわいて食べてくれたりするのでは?

 

以上、ちょっとしたことですが、好き嫌いで困っているならやってみてはいかがでしょうか?

 

また、下記の記事も参考にしてみてください。

 

 

tetsutylor.hatenablog.com