読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

「あなたも名探偵」シリーズ児童作家の杉山亮さん「ものがたりライブ」に行ってきた。

近所の図書館で「あなたも名探偵シリーズ」で人気の児童作家・杉山亮さんの「ものがたりライブ」が行われるということで行ってきました。

 

杉山亮さんと言えば以前にこちらのブログでも紹介した、「おはなし迷路シリーズ」の作者でもあります。

 

 

tetsutylor.hatenablog.com

 

娘が「あなたも名探偵シリーズ」は全部読破しているくらい好きなので、

作者に会えるというと楽しみにしていました。

 

杉山亮さんについてご紹介

 

杉山亮(すぎやま あきら)

「あきら」と読むんですね。「りょう」かと思っていました。

 

1954年3月18日生まれだそうで、現在は61歳ですね。

 

f:id:tetsutylor:20150614203629j:plain

優しそうな見た目の方ですが、話されている感じもとても良かったです。

 

子どもの扱いに慣れているな~と思ったら、若い頃に保育士をされていたそうです。

しかも、就職した当時は日本の法律では男性の保育士は認められておらず、最初は調理員として「給食のおじさん」をしていたそうです。

 

その後、糸ノコ細工の「おもちゃ作家」となり、40代から児童書作家となり、こちらのシリーズのヒットにより作家活動を本格化されたそうです。

 

 

 

2006年の夏から、自宅でオリジナルのストーリーテリングを行う「夏のものがたりライブ」をスタートし、それが発展して外部でもイベントとして行われるようになったようです。

 

 

 

ものがたりライブ  感想

 

会場には小学生の低学年中心に100人程度が集まっていました。

みんなどんな話を聞かせてくれるのか、興味津々といった表情。

 

杉山さんは登場してからライブが終了するまで、喋りっぱなし、立ちっぱなし。


1時間の予定でしたが、盛り上がったこともあってか、10分延長したうえに
サイン会も行われ、61歳とは思えないほど精力的な方でした。

 

ものがたりライブは、杉山さんが考えたストーリーを落語のように
語っていくというスタイルでした。

 

話のつかみのところを「手遊び歌」をもってくるところは
保育士時代の経験からだそうです。

 

途中で何度か子どもに発言させたりして、聞くのに子どもが飽きないように
していました。

 

今回披露してくれたお話は「死んだらどうなるか」と「ひつじの恩返し」でした。

「死んだらどうなるか」はオチもあって私は好きでした。

 

「ひつじの恩返し」はyoutubeに動画があったのでこちらをどうぞ。

 

youtu.be

 

最後に「動物競馬」という、いろんな動物たちによる競馬を実況中継する、という
お話しをされていました。

こちらも最後の最後までどの動物が優勝するのかわからない、何度も逆転に次ぐ逆転がある白熱のレースでした!


最後にサインもいただきました。

またものがたりライブがあれば行きたいと思います。