読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

冷蔵庫・氷を使わずに短時間で飲み物をキンキンに冷やす裏技!

サイエンス 裏技
夏の暑い日に冷たい飲み物を飲もうと冷蔵庫を開けたら、しまった!ジュースを冷やすの忘れてた!

しかも氷もない!
何てことありませんか?
そんな時でも急速に缶やペットボトルの飲み物を冷やす裏技をご紹介します。


濡れたキッチンペーパーを巻いて風に当てる

f:id:tetsutylor:20150615145114j:image

方法は簡単です。

濡らしたキッチンペーパーを缶やペットボトルに巻きつけて振る。

これだけです。

キッチンペーパーがなければティッシュや新聞紙、タオルでも構いませんが、効果が低くなるのでオススメしません。

でもこれってそんなの意味あるの?と思われるかもしれませんが、
科学的な根拠があるんです。

これは、水分が蒸発するときに一緒に熱も奪っていくという気化熱の原理を応用したもの。

ただ水に晒しておくよりも確実に冷えるスピードは速くなります。

さらに振る、というのは風を当てて水分が蒸発するのを促すということだけではありません。

振ることで容器の表面で冷えた液体が内側のまだ温い部分と混ざりあい、常に全体を冷やすことができる、という効果があるんです。

冷蔵庫があれば、キッチンペーパーを巻いて入れておけばいいんですが、アウトドアなどの電源がない環境であればこの方法が最も効果的だと思います。

ただ、画像にあるようなビールなどの炭酸飲料でやってしまうと大変なことになってしまうので、くれぐれもご注意を!