FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

レゴブロックの素材が15年後にはプラスチックじゃなくなっているかもしれない。

レゴブロック もってますか?

家に無くてもこれで遊んだことが無いという人はいないくらい、子どもの頃に一度くらいは触ったことがあるであろう、超有名なおもちゃです。

 

これって1年間でどれくらいの数が作られているか知っていますか?

 

三択でいきましょう。

 

①4000万ピース

②50億ピース

③600億ピース

 

ヒントは全世界での合計です。

正解は、

 

 

③の600億ピース です。

一年間でこれですから、実際にはどれくらいの数が存在しているんだっていうくらい多いですね。

 

レゴブックはプラスチックでできているので石油から作られているということになるのですが、これだけの数となると環境にはあまりよくないですよね。

 

そこでレゴ社は先日このような発表をしました。

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

レゴブロックをプラスチックで作るのを2030年までにやめます!

そのために新素材を開発する施設を作ります!

 

これは素晴らしい取り組みだと思います。

レゴ社は素材メーカーではないので、そこまでする必要はないし、それができるかどうかの保証もないわけです。

それなのに宣言してしまうところがすごいなと。

 

もし私に孫が出来たら、孫が使っているレゴブロックはその新素材が使われていたら嬉しいですね。