FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

【衝撃事実発覚】絵本で今まで間違って覚えていたこと!ミッフィーの×は口ではなかった!

今でもNHKで放送中の人気キャラクター・ミッフィーをご存知でしょうか?

スウェーデンの絵本作家・ディック・ブルーナーによって生み出されたかわいいウサギのキャラクター。

 

見た目はシンプルなんですが、いつも正面を向いていて、特徴的な「×」の口していますよね。

 

この顔があまりにも見慣れすぎていて、今まで疑問に思うことすらなかったのですが、

言われてみれば、なんで「×」なんだろう?

 

この口ってどうやって開くの?と思った方も多いと思います。

まさかこんな風に開くわけないでしょうし・・・。

f:id:tetsutylor:20151013214446j:plain

 

じゃあ実際はどうなの?ということで調べてみると、衝撃の事実が。

 

あの「×」は口ではありませんでした!

 

正確に言うと「口」は口なんですが、「鼻と口」なんだそうです。

 

つまりどういうことかというと、

これまで「×」だと思っていたのは「×」ではなく「V」と「Λ」が上下に合わさったもので、上の「V」は鼻、下の「Λ」が口なんだそうです。

 

知らなかった!

というか、あれが二つの記号で成り立っているものだという認識が全くありませんでした。

たしかに本物のうさぎの口元を見てみると、鼻と口で「VとΛ」に見えなくもありません。

 

f:id:tetsutylor:20151013214519p:plain

しかし、実際にミッフィーのイラストを見てみても、どう見たって「VとΛ」と描いているのではなく「×」と描いているようにしか見えません。

 

また、口を開けているところの描写が見つかったのですが、

こちらの場合は口だけで、鼻がなくなっています。

f:id:tetsutylor:20151013214541j:plain

どういうことなんでしょうね。

そこのとこ解説している情報は見つかりませんでした。

 

ということで、すっきりしませんが、とにかくあの「×」が口ではなかったということは驚きでした。