読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

【アシスト動画】香川が3アシストで超一流テク連発!サッカー日本代表海外組の活躍

サッカー日本代表

ドルトムント香川真司は、ブンデスリーガ第10節のアウグスブルグ戦に先発出場し、3アシストの活躍で5-1の勝利に貢献しました。


試合は序盤からドルトムントのペースで進み18分に先制すると、その3分後、左サイドでボールを受けた香川は、中に切れ込むと見せかけて縦へ鋭い突破を見せるとそのままグランダーのパスをゴール前へ。

これをロイスがスライディングで決めて2-0とします。

さらに前半33分、ペナルティーエリア内で浮き玉のパスを受けた香川は、これを上手く胸でトラップし、すかさずヒールキックで落とすと、またもやロイスの足元にピッタリとはまり、追加点のゴールが決まる。


その後も追加点が入り4-1となりますが、今日の香川の絶好調モードはこれで終わりませんでした。

アディショナルタイムペナルティーエリア右側でボールを受けるとドリブルで4人のDFを引きつけ、ラストパス。

フリーのオーバメヤンが落ち着いて決めてハットトリック達成。

5-1と完勝しました。






youtu.be


リーグ戦4試合ぶりのアシストを記録した香川ですが、今日のパフォーマンスは地元紙だけでなくほとんどのメディアで絶賛されてましたね。


繊細なボールタッチの結果としてのプレーなので、こういうプレーはまぐれではできないと記者たちも分かっているのでペナルティーエリア内での技術は世界トップクラスだと誰もが認めたことでしょう。


ただ惜しいのは香川の場合は本当にこのパフォーマンスを継続できれば超一流の仲間入りなんですが、どうしても波がありますよね。


あまりにも繊細すぎて本人にも、そして周囲にも調整のしようがない、という感じでしょうか。


そこは監督、もしくは本人が上手く管理できるようにしていくしかないんでしょうけど。