読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

元日と元旦は違うらしい。微妙な使い分けで違いの分かる男になろう!

違いが分かる人、ネスカフェゴールドブレンドのCMではありませんが、

似て非なるものの違いを説明できる人ってかっこいいですよね。

 

今日は年末年始に絡んだ、微妙に違うもの、をご紹介したいと思います。

 

「元日」と「元旦」 この違いを説明できますか?

「元日」と「元旦」の違いをあなたは知っていますか? | TABI LABO

 

今では一年の初めの日、つまり1月1日のことを指す言葉として用いられていますが、性格にはこの二つの言葉には微妙な違いがあります。

 

元日は1月1日の1日のことを指しますが、元旦は、実は1月1日の午前中のことを指す言葉なんです。

 

「旦」という字は、地平線から太陽が昇る姿から生まれた「日の出」を表す漢字であり、その年の初めの日の出のとき、つまり1月1日の日の出を意味する言葉なんです。

 

なので、年賀状で「元旦」の言葉を使いたい場合は、本来は1月1日に配達されるように出さなければいけない、ということなんですね。

 

ご存知でしたか?

 

年末年始のトリビアのご紹介でした。