FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

3000万円で落札された絵画が落書きにしか見えない件について。その理由とは?

イギリスの画家、L・S ローリー(LS Lowry)が描いたこちらの絵画が、3000万円ほどでオークションで落札されたそうです。

 

f:id:tetsutylor:20160105113101j:plain

 

えっ、どうみても落書きにしか見えませんが?

 

これが芸術が分かる人が見ればわかるのでしょうか?

 

いやいや、実はこれにはちゃんとした理由があるんです。

 

実はこれ、彼の作品の下書き、スケッチの状態のものなんです。

 

彼は1976年にすでに亡くなっているのですが、生前に売る目的ではなく、親しい人たちに自分が描いたものをサイン付きで無料で配ったりしていたそうで、そのうちの2枚の作品が発見され、オークションにかけられたところ、熱烈なファンが高額で落札した、ということなんです。

 

もうすでに亡くなっている方なので、ファンにとってはコレクションしておきたいと思ってしまうんでしょうね。

 

これだけみて「3000万!」とか聞くと、画家っていいな~と思いますが、 

死んでいるからこそスケッチですら高値で取引されるという、

自分の死後に価値が上がってしまうっていうのは皮肉なもんですね。