読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

【アシスト動画】ハーフナー・マイクが今季初アシスト!負傷明けから3G1Aと好調キープ!腕太くない?筋トレで肉体改造成功か?

サッカー日本代表

オランダのエールディビジ・第21節でフェイエノールトと対戦したハーフナー・マイクが所属するADOデンハーグは、ハーフナー・マイクの先制アシストなど2得点で勝利しました。

 

 

負傷あけから4試合で3ゴールと好調を維持していハーフナーは前半41分、味方からのセンタリングを逆サイドからヘディングで中央へ折り返す。

これを味方が詰めてアウェイで貴重な先制点を挙げる。

 

youtu.be

   

 

好調から一転、ケガで休んでいたハーフナーは、冬季休暇明けから先発に復帰してそのままの好調を維持しています。

 

今回もゴールが期待されましたが、アシストという形でしっかりと結果を残しています。

 

今まで気づきませんでしたが、よく見るとハーフナーの腕や胸のあたりが以前よりも筋肉でけっこう膨らんでいるように見えます。

 

f:id:tetsutylor:20160201150804j:plain

 

もしかすると負傷していた間、筋トレで肉体改造していたのかもしれません。

 

これまでのハーフナーは、代表でも高さ要因として期待されていましたが、ポストプレーではあまりボールが収まらず、前線でのターゲットにもなりにくいため、大迫などにポジションを奪われていましたが、この点が改善されてきているのでは?と思います。

 

ゴールやアシストという結果もそうですが、やはり代表に求められているプレーができるかどうかだと思うので、この変化は非常に重要だと思います。

 

先日のU-23代表で活躍した久保や浅野といった選手は、フィジカル面での頼りなさが目立っていました。

同年代での試合でもそうなので、フル代表だとその点は余計に顕著に表れてしまうと思います。

 

その点からするとハーフナーがしっかりとしたフィジカルを身に着けてきたとすれば、代表への道は開けていくのではと思います。

ぜひともアジア予選では彼を招集して欲しいと思います。