FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

オマール・アブドゥラフマン【サッカーUAE代表】アフロ10番!天才司令塔の凄さが分かるテクニック動画集!アジアカップで日本を破ったPKが話題!

ワールドカップアジア最終予選で対戦するUAE代表の中心選手をご紹介します。

 

最も警戒しなくてはいけない要注意人物。

 

それがこの男。オマール・アブドゥラフマンです!

 

f:id:tetsutylor:20160830072649p:plain

 

 アフロヘアが注目なんじゃありませんよ!

彼はここ数年、UAE史上最高のテクニックを持つ選手として欧州主要リーグからもその実力をリサーチされるほどの選手なんです!

 

どんな選手なのか調べてみました!

 

プロフィール

 

本名:オマル・アブドゥッラフマーン・アフマド・アッ=ラーキー・アル=アムーディー

 

生年月日:1991年9月20日 24歳


出身地:リヤド(サウジアラビア

 

国籍:UAEアラブ首長国連邦


身長:172cm

体重:60kg

 

所属クラブ:アル・アインUAE

 

利き足:左

 

   

出身はサウジアラビアなんですね。

彼のルーツはイエメンだそうですが、中東では国籍をもっていないことも珍しくなく、彼も例外ではありませんでした。

なので彼がサッカー選手として頭角を現した頃に最初に国籍をあたえようとしたのはサウジアラビアだったそうですが、家族全員に国籍を与えることを認めたUAEへの帰属を決断したそうです。

 

カレド・アブドゥラフマン、ムハンマド・アブドゥラフマンという二人の兄がおり、どちらもサッカー選手です。

ムハンマドUAE代表でプレーしたことがあります。

 

オマールはアル・ヒラルのユースチームからキャリアをスタートさせ、16歳でトップチームに昇格。

2012年にはU-23代表に選ばれ、ロンドンオリンピックにも出場しました。

この時の彼のプレーを見た欧州各国のクラブスカウトたちは、その卓越したテクニックに魅了され、マンチェスター・シティバルセロナといったビッグクラブが関心を示したほどです。

 

その彼のテクニックの高さを示す動画がこちらです。

youtu.be

スピードとパワーを全面に押し出してくる中東の選手の中で、彼の突出したテクニックはかなり異質ですね。

利き足である左足から繰り出されるスルーパスやフェイントが彼の武器で、トリッキーなプレーを好み、時には試合中にアフロの頭にボールを乗せて相手を挑発することもあります。

 

2010年にUAE代表としてA代表デビューをはたします。

 

日本のメディアで彼の存在が大きく取り上げられることになったきっかけは、2015年のAFCアジアカップです。

 

この大会でオマールを10番としてチームの中心に据えたUAEは、準々決勝で日本代表を破って最終的には3位に入るという好成績を上げます。

そこにはアシスト王と公式ベストイレブンに輝いたオマールの活躍があったことはいうまでもありません。

 

さてその日本が破れてしまった一戦はPKでの勝利ですが、もちろんオマール・アブドゥラフマンもキッカーとしてゴールを決めています。

 

youtu.be

 

日本の守護神・川島をあざ笑うかのようなシュートです。

テクニックだけじゃなく度胸も凄いですね。

 

また、今の日本代表では随一のテクニシャンといえる清武弘嗣は、予選を前にオマールについてこのようにコメントしています。

 

f:id:tetsutylor:20160830125611p:plain

「初戦の相手UAEは、スペインで1か月ほどキャンプをしていますが、僕らはホームだし、波に乗るためにも絶対に勝たないと。この初戦が一番大事で、引き分けもダメです。アジアカップで対戦した時、UAEで巧いなと感じたのがオマル(・アブドゥルラフマン)。テクニックがあるだけじゃなく、身体も張れる。警戒は必要ですが、そんな相手を初戦できっちり叩きたいですね」

 

http://news.livedoor.com/article/detail/11926029/?p=2

 

やはり最も警戒すべき選手としてオマールの名前をあげていますね。

 

今度の試合ではオマールに自由にボールを扱わせてはいけません。

 日本代表としては90分間、完全にオマールを沈黙させ、UAEのパスサッカーを封じていくことが重要です。

一瞬でも気を抜こうものなら、彼のスルーパスの餌食になってしまうでしょう。

 

以上、オマール・アブドゥラフマンについてお分かりいただけましたでしょうか?

まだ24歳という若さなので、彼の名前を覚えておくといいですよ!