読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FAN!

生活のお得情報、株、サッカーネタをつづっています。

初の日曜大工で棚を作った。島忠ホームズの無料工作室を使えば素人でもここまでできた!総額2万弱でこんな巨大な棚ができあがりました。

リビングの壁面に棚がほしい、という妻の要望に応え、内装関係の仕事をしているおじいちゃんと私のふたりで、私にとっては初の日曜大工に取り組みました。

 

まずは設計図。

 f:id:tetsutylor:20170506214454j:image

こんな感じの棚です。

よくわからないと思いますが、出来上がりをお楽しみに。

 

さて、部材購入と作業は島忠ホームズで行います。

 

まずは4mの杉板を5枚購入。

1枚1,780円でした。

 

島忠ホームズには工作室があり、LINEを登録すればすべての機材が無料で使うことができるというお得なサービスがあります。

 

ちなみに自分で切るのはちょっと無理、という人でも安心。

1カット50円でお店の人がきれいにカットしてくれるというサービスもあります。

 

さっそく杉板を希望のサイズにカットしていきますが、そもそも、売られている状態で直角にきれいにカットしてくれているわけではないので、まずは直角にカットします。

 f:id:tetsutylor:20170506214509j:image

次に好みのサイズにカット。

f:id:tetsutylor:20170506214523j:image 

長い板を切る場合は、ずれないようにこういった器具を付けて蛇行しないようにまっすぐカットします。

f:id:tetsutylor:20170506214534j:image 

カットは1時間ぐらいで終えました。

 

次に棚受けの金具、ネジ、ニス、刷毛、ローラー、ノコギリ、ヤスリなど総額で7,000円ほどの必要な材料を購入し帰宅。

軽トラックのレンタルも無料ですので助かります。

   

ニスを塗るのは子どもたちにも手伝ってもらいました。

薄く、均等に伸ばしていきます。

f:id:tetsutylor:20170506214553j:image 

一度塗って、半日乾かし、翌日、2度目を塗ってまた半日乾かしました。

 

そして組み立て!

 

ここからが大変でした。

電動ドリルはないので、すべて手作業でドライバーでねじ止めしていったので2時間くらいかかりました。

 

そもそも巨大だし、ギリギリピッタリサイズで作っているので、はめ込むのが大変でした。

 

仕上がりがこちら。

 f:id:tetsutylor:20170506214606j:image

f:id:tetsutylor:20170506214629j:image

妻も私もおじいちゃんも大満足の出来です。

 

近くで見ると立て付けが悪い部分はありますが、気にならない程度です。

 

棚はあとでいくらでも増やせるようにしてあります。

 

GWを利用して遊びに来てくれていたおじいちゃんにフル稼働してもらって作ったので本当に申し訳なかったのですが、本当に助かりました。

 

かかった費用は総額で2万弱。

 

完全にオーダーメイドなので、これを注文で購入していたら5万は軽く超えてくるんじゃないかと思います。

 

これで妻も子どももリビングを整理整頓して快適に使ってくれればなと思います。