FAN!

10歳女子(小5)と5歳男子(年長)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

映画『名探偵コナンから紅の恋歌(ラブレター)』あらすじ ネタバレ キャスト 相関図 主題歌「渡月橋 君想ふ」倉木麻衣 高山みなみ 山崎和佳奈 堀川亮 宮村優子 ゆきのさつき 小山力也 勝生真沙子 松井菜桜子 緒方賢一 林原めぐみ 小野大輔 置鮎龍太郎 吉岡里帆 宮川大輔

4月15日(土)公開の映画『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』のあらすじ、ネタバレ、犯人、キャスト、相関図をレポートします。

 

今回は西の高校生名探偵・服部平次が活躍するストーリーです。

 

映画公開前から、本編ストーリーにも映画の重要キャラとなる謎の女性・大岡紅葉が登場して映画を盛り上げていました。

果たして紅葉と平次の過去にはどんな秘密が隠されているのでしょうか?

 

f:id:tetsutylor:20170416143747j:image

映画概要

 原作:青山剛昌 小学館週刊少年サンデー」連載中 

監督:静野孔文

脚本:大倉崇裕

音楽:大野克夫

配給:東宝

主題歌:倉木麻衣渡月橋~君 想ふ~」

 

youtu.be

 

あらすじ

競技かるたの名人・矢島が自宅で何者かに襲われて殺害された。

 

一方、競技かるたの名門『皐月会』の会長・阿知波と対談をすることになった小五郎とともに大阪の日売テレビを訪れた蘭・コナン、そして平次と和葉。

そこで平次は「競技かるた未来のクイーン間違いなし」と言われている女子高生・大岡紅葉と出会い、初対面にもかかわらず彼女から「未来の旦那さま」と呼ばれてしまう。

目の前で平次に爆弾発言をされた和葉は動揺を隠しきれず平次に詰め寄るも、平次は全く身に覚えがない様子だった。

 

その時、テレビ局に爆破予告があったことが判明し現場は騒然。

一般人が避難する中、平次と和葉、和葉の先輩でかるた部の未来子は、皐月会が保管する貴重なかるたを取りにテレビ局内に戻り爆破に巻き込まれてしまう。

 

コナンと平次の活躍により、崩壊するテレビ局から無事に生還した和葉たちだったが、未来子は腕の骨を折る重傷で、出場を予定していた競技かるた大会への出場を断念せざるを得ない状況となってしまう。

 

そこで再び紅葉が登場し、和葉に未来子に代わって大会へ出場するよう迫り、平次の婚約者候補の座をかけた勝負を挑んでくる。

売られた喧嘩を買わないわけにはいかない和葉は、不利な状況と知りつつもこの勝負を受けてしまう。

 

果たして和葉は紅葉に勝つことができるのか?

そして矢島殺しの犯人は一体誰なのか?

爆破事件の真相は?

 

競技かるたに絡んで事件は思わぬ展開へとつながっていく―

 

   

相関図    f:id:tetsutylor:20170416142929j:image

 

出演キャスト

江戸川コナン(演:高山みなみ
今回は主人公の座を平次に譲ったのかと思っていたが、実はやっぱり一番活躍していました。

開始10分くらいのテレビ局での爆発から生還するまで。

そしてエンディング間近で和葉と紅葉を救出しにやってくるシーンで大活躍でした。

毎度おなじみの「ラァーーーーーーーン!」がなかったのは残念でしたが、

代わりに「服部ィーーーーーーーッ!」が聞けたのでよしとしましょう。

 

■毛利蘭(演:山崎和佳奈
こちらもヒロインの座を和葉に譲ったかに見えましたが、出演シーンも多く、しっかり新一との恋愛エピソードも盛り込まれていて目立っていました。

映画だと何かと超人的な身体能力に焦点が当てられがちですが、今回はちょっと違ったアプローチでしたね。

 

毛利小五郎(演:小山力也
眠りの小五郎による推理シーンが単調にならないよう、コナンがバレそうになるという小ネタが取り入れられていました。

ただ、容疑者を連れて来る前から既にコナンと平次によって眠らされていたことが当たり前のように進行されており、果たして二人は小五郎をどうやって拉致監禁したのかが個人的に気になりました。

 

■服部静香(演:勝生真沙子
元かるたのクイーンであるという設定で、紅葉と対戦していました。

勝敗の行方は明言されていませんでしたが、紅葉が涼しい顔で帰っていったことから恐らく負けていたと思われます。

また、紅葉には平次の母とは名乗っておらず、旧姓の「池波」で認識されていたので、今後、本編の方でバレるエピソードをやるんじゃないでしょうか。

 

■鈴木園子(演:松井菜桜子
映画の前日譚としてテレビ版ストーリーの方で風邪をひいてしまいほとんど出演はありませんでした。

和葉に紅葉にと、コナンの周囲に女性が沢山出てきすぎるために今回は除外されてしまいましたね。

 

阿笠博士(演:緒方賢一
今回は哀ちゃんと一緒にお留守番でした。

哀ちゃんにかかってきたコナンからの電話を代わってもらおうとしたところ切られてしまい「えげつなー・・・」と一言。これには会場から笑いがおきました。

コナンは博士のメカを巧みに使いこなして事故現場から毎回生還しているのに、もっと博士にお礼をいうべきでしょうね。

 

灰原哀(演:林原めぐみ
今回は博士とお留守番だったため、電話で登場。

歩美たちに対して「あなたたち夜遅くまで起きてちゃダメよ」と注意する様はもはや大家族の肝っ玉母さんの様相である。
矢島殺害現場に散らばっていたかるたを血痕を元に照合し、どれが被害者の手に握られていたものだったかを突き止め、すかさずコナンに情報提供。しかもコナンが警察でプレゼンしやすいようにめちゃくちゃきれいにまとめらていました。

おそらく徹夜したのでないかというレベルの調査だったにも関わらず、コナン君はお礼もそこそこでした。

コナン君は哀ちゃんにももっと感謝すべきでしょう。

 

■伊織 無我(演:小野大輔
紅葉の執事。
映画より前日譚の方が活躍していました。小野大輔さんというメジャーな方が演じているということも、今後の本編での登場を期待させます。

 

■綾小路文麿(演:置鮎龍太郎
映画『迷宮の十字路』にも登場した警部で、リスを連れていることが多い。

 

■枚本 未来子(演:吉岡里帆
和葉の同級生。
かるた部の主将であり、皐月会のメンバー。地味な印象のメガネっ子。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いの若手女優・吉岡里帆さんが声優初挑戦。

女優としてはきゃぴきゃぴしている印象ですが、やっぱり声優さんと比べると声が低くてアニメでは違和感がありますね。

 

■関根 康史(演:宮川大輔
元名頃会の出身で、かるたの腕前はプロ級。今は皐月会のカメラマンをしている。

宮川大輔さんが演じるということで関西弁は非常にスムーズでした。

 

服部平次(演:堀川亮

映画『迷宮の十字路』に次ぐ、二回目の映画主演となる服部平次でしたが、実はそこまで登場シーンは多くはなく主人公という感じではありませんでした。

ただ、コナンを置いて一人でバイクを走らせ単独行動をとり事件の情報収集に努めるなど見せ場は多かったです。

今後は本編でも和葉と大岡紅葉から迫られるという展開が期待できそうですね。

 

大岡紅葉(演:ゆきのさつき

競技かるたの女子高校生チャンピオン。抜群の聴力と反射神経を持つ実力者で、将来のクイーンと騒がれている。

しかも小学生のころに平次にかるたで敗れた際、「今度は嫁に取ったるさかい」といわれたことを真に受けて結婚するつもりでいる。

実家は大豪邸で執事もいるくらいのお嬢様なので普通の人の感性とは違いますね。

キャラクターとしては園子と同じくショートヘアで金持ち。和葉と対比しやすくするためか巨乳というわかりやすいアピールポイントがある。

ちなみに、平次からの告白は紅葉の聞き間違いというのは、情人離れした聴覚を持つとされる彼女らしからぬミスといえるので、小学生のころとはいえちょっと設定に難ありといったところでしょうか。

 

遠山和葉(演:宮村優子

今作のヒロイン。映画『迷宮の十字路』では、結果として平次の初恋の相手であったことが判明しましたが、今回は終始一貫して平次を巡って紅葉と恋のバトルを繰り広げる正真正銘のヒロインでした。

中の人である宮村優子さんはバセドウ病を患って一時期滑舌がまともにできない状況でしたが、今は完全復活です。

ちなみに今回共演した林原めぐみさん、高山みなみさん、ゆきのさつきさんは、いずれも「それゆけ!宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ」で共演されています。