FAN!

12歳女子(中1)と7歳男子(小2)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

我が子の短所にばかり目が行きがちで、長所にはなかなか気づいてあげられない私😔周りの方々に我が子の長所を教えて頂く日々に感謝した話🌸

可愛い我が子・・・

けれども日々子育てしていると、子供の短所にはよく気づくのですが、成長や長所にはなかなか気付いてあげられない私・・・😓

 

上の子は初めての育児の為、子供とはこんなもの・みんなこんなものなのだろうと日々育ててきました。

けれども、幼稚園に入り、小学校に入って、色々なママ友・先生方に出会い、お話をしていると

「上の子ちゃん、すごくしっかりしてるよね。」

とよく言っていただいていました。

私は

「またまた〜、皆さん良いように言って下さって〜。全然そんな事ないですよ〜。」

と思っていました。

けれども、何年経っても別のママ友達や、別の先生方にも言っていただけ、2、3年生以降の担任の先生方に至っては

「上の子ちゃんは常に友達やクラスの事を考えてクラスを引っ張ってくれています。上の子ちゃんに任せていたら安心です。」

と言ってくださり、

6年生最後の通知表には

「今のクラスは上の子ちゃんの存在抜きには語れませんでした」とまで書いて下さいました。

家での上の子ばかりを見ていた私には、なかなか気づけない部分で、周りが言ってくれることに半信半疑だったのですが、これだけ皆さんが言って下さるので本当だろうと、逆に上の子の事・長所をママ友や先生方に教えていただいていました。

 

そして下の子

初めての男の子育児。

こんなにも男の子は大変なのか、上の子は本当に育てやすかったなあ、やっぱり周りの皆さんが言って下さった通り昔からしっかりしていたなあと改めて思いました(笑)

やんちゃでやりたい事をやりたいようにやる下の子。

幼稚園に入り集団生活・・・本当に心配でした。

f:id:tetsutylor:20190610224456p:image

私には短所しか見えず、先生にも園では大丈夫か相談しました。

すると、

「下の子君は子供らしい子供さんですよ。楽し過ぎて楽しみ過ぎることはありますが、お友達とも仲良くできていますし、私が親でも心配するレベルではないです。」

とベテランの担任の先生が言って下さいました。

幸いその先生が年中&年長と担任を持って下さったので、その言葉を信じて息子を信じて幼稚園を過ごしました。

 

けれども、まだまだ下の子の長所が見つけ切れていない私。

やんちゃな性格なので、小学校に入り、じっと座っていられるかなあ、先生の話をちゃんと聞けるかなぁ、勉強できるかなあ、新しい友達と仲良くできるかなあ・・・短所から心配だらけでした。

けれども1年生に入って最初の面談。

ベテランの担任の先生から思いがけない言葉を頂きました。

「下の子君は、物怖じせず行動力もあり自分の考えもはっきり言えるので、率先して何でもやってくれています。みんながそんな下の子君を真似してくれるので私も助かっています。もちろんいい事だけではなく、メリハリがまだつけられなくて調子に乗ってしまう所もあるのですが、色んな面でみんなを引っ張って行ってくれています。彼はリーダーの素質があると思いますよ。」

とのお言葉。

・・・えっ❓❓❓

最初、私には先生のおっしゃっている言葉が理解できませんでした。

メリハリがつけられない、調子にのる、それは大いに理解できているのですが、その他が・・・

なので

「あの〜先生。

◯◯(我が子の名前)ですけれども・・・あってますか❓

誰かと間違っていませんか❓」

と、思わず言ってしまいました(笑)

けれども間違っていないとの先生のお言葉。

そんなこと言われたの初めてなんですけど〜❗️

私が思っていた事とは反対のお言葉なんですけど〜❗️

ママ友にもそんな事1度も言われたことないんですけど〜❗️

と、なかなか理解できませんでした。

けれども、その先生は1年の2度目の面談でも、2年に上がってクラス替えをしてからの面談でもそのようにおっしゃってくれました。

私の全く気づけなかった下の子の長所です。

ビックリです。

上の子と同じリーダーの素質❓

タイプは全く違うリーダーだとしても・・・う〜ん理解できない(笑)

 

けれども、1、2年の運動会のダンスではどちらもダンスのリーダーに立候補し成し遂げたり、学芸会でも主役に立候補して務め上げたり、確かにとても頑張っていました。

けれども1年生の2学期のあゆみで「友達と仲良くする」の欄に「もう少し(頑張ろう)」マークがついていました。

友達とは仲良くできるタイプだと思っていただけに親として衝撃でした。

なにかやらかしてるのかなあ❓

また私の知らない下の子の発見か❓

でも先生からお電話頂いてないし・・・

急を要する事ではないんだろうけど・・・モヤモヤ😔

その数ヶ月後、保護者会後に担任の先生と個人的にお話できる機会があったので思い切って先生に聞いてみると、

「傷つけようとかそういうのではないのでご安心ください。

ただ、下の子君は周りの色々なことに気付けていて、それに対して言っている事も正しいのだけれど、相手の立場にまだ立てず、自分目線で何でも行動してしまい、相手に押し付けや強要、やりすぎになってしまっていて。まだまだ周りの事になかなか気づけない年齢の中、下の子君は気付けているので、一呼吸おいて相手の立場に立って考えて行動できると、もっとすごいリーダーになれると思います。」

とのこと。

どうやら、次のステップに移る途中のようです。

こんな事、家では全く気付けないので、またまたビックリです。

そういえば、上の子にもこんな時期があったなあと思い出しました。

けれどもそれは友達やクラスの事を思っての行動。

成長にビックリです。

教えて下さった担任の先生には感謝でした。

 

広告

 

 

そして、下の子の成長・長所を下の子のお友達を通して教えて頂けた機会が2年生にあがった先日ありました。

それは、小学生を対象とした地域の球技大会。

参加したい人が10人程のチームを集め・出場登録して大会までにチームで練習に励み大会に出場するというもの。

下の子はやる気満々で、お友達とチームを作り、親の手助けもありながら日々チームメイトと練習を重ねていました。

そんな日々が続いたある日、いっぱいのチームが練習する場所に同じクラスのお友達とそのママが

「出場登録の締切も過ぎたのですが、やっぱりどうしても子供がやりたいそうなので、どこかチームに入れてくれませんか❓」

との事。

けれども、もうどこのチームも出場人数を確保しチームとして出場登録も終えているのでなかなかその子の受け入れ先が見当たりませんでした。

けれども子供達のお友達のやりたい気持ちを受け入れてあげたいと私達のチームの子と親で話し合いました。

その結果、出場人数の上限があるので試合本番では補欠とさせて頂く事になるけれど、それでよければチームに入って一緒に練習しようと持ちかけるとその子は喜んで入ってくれました。

そしてその子も含め、残りの日の練習の日々。

そして本番の日。

練習はみんなで人数関係なくやって来れたけれど、大会ではその子はルールの関係上補欠。

コート外に待機して応援です。

1試合目はそれで試合を行ったのですが、2試合目(この試合で負けると終了)、また補欠の子が試合にでれず、コート外で応援のみと知った下の子が思いがけない行動にでました。

「◯◯君、一緒に練習してきたのにまた試合に出られないのはかわいそう。僕が代わりに応援するから◯◯君は試合に出て」

と自ら言ったそうです。

監督以外は近くに入れない為、私は遠く応援席から応援していたのですが、監督のママがその言葉に胸を打たれて涙を流しながら私の元に駆け寄ってくれ、

「下の子君がそう言ってくれたのだけど、それでいい❓」

と私にも確認して下さいました。

下の子が自分で気付き・感じ、友達の為を思って発言・行動に移したのであれば、もちろんそのようにして下さいと伝えると、監督ママはもちろん、補欠の子のママさんも涙を流して喜んでくれました。

小2の下の子。

まだまだ赤ちゃんみたいで何も考えられていないと思っていたけれど、こんなにしっかり友達の事を思い考え、友達の気持ちになり、発言そして行動できるようになったのだと、これは正しく成長であり下の子の長所であると、とても嬉しい気持ちになりました。

 

それと同時に、その下の子の成長・長所を引き出してくれたのは、そのお友達でもあると感じました。

そのお友達が下の子と一緒に仲良く練習してくれ、お互いを大切に思い合えるチームメイトとして一緒にこの練習期間を過ごしてくれたからこそ、下の子もその子を思い、そういう気持ち・言動に出れたのだと思いました。

そして、私も下の子の成長・長所を感じれたのだと思いました。

 

子供の成長・長所を引き出して、そして子供の短所しかなかなか見つけられない私に教えてくれる周りの方々の存在、先生、ママ友、そして子供のお友達・・・この存在は本当に本当にありがたいなぁと思います。

とても貴重な財産です。

こういう経験を通し、私も私と同じ悩みを持っている人がいたら少しでも助けになれればと思い、私から見てお子さんの素晴らしいと思った所を知り合ったママ達に積極的に伝えるようにしています。

褒められて嫌な気持ちになることはないですからね😊

そして、素敵な輪が周りにも広がれば更に素敵だなぁと思います🌸

 

これからも周りの方々に感謝の気持ちを忘れずに、我が子の成長や長所をしっかり褒めて伸ばしてあげれればなぁと思います😌

 

広告

 

プライバシーポリシー お問い合わせ