FAN!

12歳女子(中1)と7歳男子(小2)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

期末テスト終了❗️中学生で大事な事は「いい点数を取ること」ではない⁉️中学生の内にすべき大切なこと。

中学1年生の娘の期末テストがようやく終了しました。

頑張った分、終わった開放感はひとしおのようですが・・・その後には現実が返って来ます。

そう、答案の返却😱

教科によっても、出来た、出来なかったと結果が様々だと思います。

f:id:tetsutylor:20190705101318p:image

 

広告

 

 

そんな中、我が子の通う公立中高一貫校では、定期テスト後の解き直しに力を入れさせています。

 

まずテスト問題を大まかに4つに分けさせます。

 

◎理解していて正解できた問題

◎理解していた(つもりだった)けれど、正解できなかった問題

◎理解していなかったけれど、なぜか正解できた問題

◎そもそも理解しておらず、やっぱり正解できなかった問題

 

この内、特に下3つを入念に解き直しさせるようです。

 

そして、我が子の学校ではこのようにも指導されています。

 

『中学生で大事な事は

「良い点数を取ること」ではありません。

もちろん、良い点数が取れるに越した事はないですが、それより大事な事は

「自分に合った勉強方法を見つけること」です。

友達と同じ勉強方法が自分にも合うとは限らないので、自分で試行錯誤することが必要です。

なので、試してみた勉強方法がうまく行かなくて今回のテストは伸びなかったということもあっても良いのです。

その方法が向いていなかったと分かっただけでも進歩なのです。

「失敗は成功のもと」と言われるように、失敗から学べばいいのです。

けれどもその失敗も、失敗のままで終わらせるか、成功の糧にすることが出来るかは自分次第。

失敗に意味を持たせられるのは、本気で行動した時だけです。

だから、本気でテスト勉強に取り組み、本気でテストに臨み、残念な結果となったとしても、そこから本気で解き直しをして理解し直し、今回の勉強方法を見つめ直し、反省点を見つけだして次のテストに本気で備える。

そうすると自分に合った勉強方法に徐々にたどり着くことができるでしょう。』

 

もっともですよね😌

大人でも分かってはいても、目の前の結果ばかりを気にしてしまい、なかなかできない事。

けれども、学校自体が生徒にこう言ってくれれば心強いですよね😌

目の前の結果にばかり目が行きがちですが、中学生でそれよりも大事な事は

「失敗を恐れず本気で試行錯誤し、自分にあった勉強方法を見つける」こと。

私もこの事を心にしっかり止めつつ、娘の今後を見守り応援していきたいなぁと思います😊

 

広告

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ