FAN!

12歳女子(中1)と7歳男子(小2)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

中1娘、舌下免疫療法始めました❗️①

3才の頃からスギ花粉症の現在中1娘😷

当時は目が痒くて鼻水もツライから始まり、耳鼻科を受診し血液検査をするとスギ花粉陽性。

それから6才までの4年間毎年血液検査するも陽性クラス4(4才の時だけクラス3)で毎年ツライ状況でした😵

耳鼻科で薬をもらうも効いているような効いていないような毎日。

花粉時期はマスク&花粉眼鏡必須ですが、していてもやはりツラそうでした。

症状を緩和できれば。

そしてできれば根本から治せれば。

そう思っていると、

「12才から舌下免疫療法という花粉症の治療ができる」

との情報を入手。

そして舌下免疫療法を始めるなら花粉の飛んでいない6月から治療を開始できるとのことで、調べ娘と相談。

12才の6月以降から治療を始めることを考えてみようとし、それまでの数年はひたすら対処療法の日々💊

 

そして月日は流れ今年、娘が12才になったので6月に向けて、もう一度舌下免疫療法の事を詳しく調べてみると・・・治療法も変わっていて、従来のパンにエキスではなく錠剤でできるようになったとのこと。

しかもその治療方法になったことで5才から治療できるようになっていました。

そして2018年春より、12歳未満の子供にも保険で治療ができるようになったそうです。

し、知らなかった🙄

パンにエキスはちょっと嫌だなあと娘が言っていたので、錠剤になったのなら余計に始めやすいんじゃない❓と娘に言うと娘も乗り気になり舌下免疫療法をすることにしました💊

f:id:tetsutylor:20190718171403p:image

 

 

まずは病院選びです。

娘が花粉症時期などに通っている耳鼻科にまず問い合わせてみたのですが、意外とやっておらずでした😅

かかりつけの小児科、そこが休みの時にお世話になっている小児科の2つは、どちらでもやっていたので、どちらにするか迷いましたが、中学生で多忙な娘でも通いやすい時間指定で予約ができる後者の小児科に決定しました🏥

 

広告

 

 

そして、いざ、舌下免疫療法開始❗️

まず1度目の受診血液検査の為の採血💉

以前の結果も持って行っていたのですが、流石に6年前の結果は古過ぎたので再度検査です。今現在何に対するアレルギーがあるのかをしっかり検査してもらいます。

スギやヒノキ、ハウスダスト、ダニなど、日本にいたら考えられる色々なアレルギー源に対する反応を調べてもらうことにしました。

 

血液検査の結果がでる1週間後に2度目の受診

色々アレルギー反応が出ていました😓

その中でも、やはりスギ花粉が群を抜いていました。

クラス6のMAXです😱

ハウスダストなども高い反応がありましたが、やはり取り敢えずはスギ花粉の舌下免疫療法から開始しようということになりました。

ヒノキ花粉も高めの数値だったので相談すると、スギ花粉と型が似ているから同じ薬で大丈夫とのこと。

そして、開始時期をズラしてダニの舌下免疫療法の併用もその内考えようとの先生のお言葉でした。

 

まずは、スギ花粉の舌下免疫療法の薬、

シダキュアスギ花粉舌下錠2,000JAU(1〜7日用)

f:id:tetsutylor:20190718191632j:image

の処方箋を先生に書いて頂き、それを持って近くの薬局へ。

薬局で薬を頂いたら、それを持って再び小児科へ戻ります。

そして、先生の指導の元、診察室でシダキュアスギ花粉舌下錠2,000JAUを1錠服用します。

この薬が他と違うのは、水で飲み込むのではなく、舌の下に薬を置き入れ1分間放置。

1分間経ったら飲み込むというものでした。

娘曰く

薬の味は全くないので全然楽しくない」

とのこと(笑)

甘くもなんともないそうです😅

そして、舌の下に置いている1分間の内に溶けてしまう、とのこと。

また、先生曰く

「1分間置いたのちは飲み込んでとよく言われますが、飲み込むのがツライようだったらつばと一緒に吐き捨ててもいいよ。

1分間でもう舌の下から薬は吸収されてるから大丈夫」

とのこと。

これは意外でした🧐

けれども服用後、5分間はうがい・飲食は控えて下さいとのこと。

そして服用前後2時間は、運動や入浴、大人は飲酒も避けて下さいとのことでした。

 

これから、1週間このシダキュアスギ花粉舌下錠2,000JAU(1〜7日用)を毎日飲み、1週間後に副作用の経過観察と薬の追加の為、受診して下さいとのことでした。

副作用として、花粉症時期に見られる症状のような喉&鼻&耳にかゆみが出ることもあるけれど、3ヶ月もしたら慣れてくるでしょうとのこと。

あまりに副作用がある時は抗アレルギー剤と一緒に一定期間服用しますとのこと。

また、まれにアナフィラキシーの症状が出ることもあるので、ゼーゼーいい始めたり、呼吸しずらいような気管支に影響する重篤な場合は服用中止してすぐ再受診して下さいとのことでした。

 

そして、どうしても薬が飲めなかったり、学校などの宿泊行事などで服用が不安な時はどうしたらいいか相談すると、そういう時は飲まなくても大丈夫とのことでした。

2週間ぐらい空いても問題ないけれど、1ヶ月ぐらい開いてしまったら再度初めからやり直しとのこと。

そうやって例え細くても3年は続けると効果が期待できますよとのことでした😌

 

我が家が住む自治体では、中3まで子供の医療費がタダなので、娘の場合、ちょうど医療費がタダの内に治療を終わらせられそうなので、我が家の家計にとって、費用がかからないのはかなり大きいです😏

薬が効いて、完治とは言わなくても娘の花粉症が少しでも軽減されたら言うこと無しです😆

継続が大事とのこと。

まずは1週間頑張ろうと思います👍

 

広告

 

プライバシーポリシー お問い合わせ