FAN!

12歳女子(中1)と7歳男子(小2)の子育てブログ たまに趣味の編み物の事も書いています

そうだったのか❗️関東の雪予報解説は、こう脳内変換すると理解しやすくて面白い‼️

12月に入り、天気予報で雪マークを見かけるようになってきましたね⛄️

 

これから、もっと見かける機会が増えると思うのですが・・・雪予報にもやはり地域差、降雪量&積雪量の大小があり、気象予報士の方の解説も

「関東では・・・」

「平野部では・・・」

などと、表現も曖昧かつ かなり広範囲だったりして

「結局私の住んでる地域(自治体)はどうなの❓」

と突っ込みたくなる時ってありますよね❓

 

f:id:tetsutylor:20191205152618p:image

 

関東の雪予報の解説で使われる表現方法によって、このように脳内変換して理解してください、という、天気予報士仲間の間でも納得多数という面白い脳内変換方法が紹介されていたので記載したいと思います😊

 

広告

 

 

関東で雪→山しか降らない
関東平野部で雪→北関東しか降らない
都内で雪→青梅しか降らない
23区内で雪→練馬で降るかなくらい
都心で雪→寒いだけ
都心で積雪のおそれ→電車遅れるかも
都心でも大雪のおそれ→電車止まるかも

 

↑だそうです❗️

確かに〜(笑)

納得〜(笑)(笑)

これで、子供からの

「雪雪って全然降らないじゃ〜ん」

「結局今日は降るの❓積もる❓」

の問い掛けにも答えてあげられそうですね😆

そして、これから天気予報士の方の解説に聞き入って脳内変換が楽しめそうですね〜🎵

 

広告

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ